大人ニキビ

中高生の時にできたニキビとは、原因が違うため、ニキビケアをする際のアプローチ方法も変わってきますね。

どう違うか?
⇒一番大きな違いが、ニキビ原因である毛穴の詰まり方です。

中高生にできるニキビ、思春期ニキビはホルモンバランスによる過剰な皮脂分泌から毛穴のつまりを招きます。一方で、大人ニキビは、毛穴周辺の過剰なターンオーバーから角層が厚くつもり、毛穴のつまりを招きます。

この過剰なターンオーバーはストレスにも影響されますが、特に乾燥によるところが大きいと言われています。なので、改善という意味では、肌の保湿が必須課題になるかと。

では、そのニキビカバーするのに有効なものを値段の安いもの順にランキング化しました。

1位 ルナメア

 

詳しくはこちら

抗炎症作用があるグリチルレチン酸ステアリル、血行促進するトコフェロール酢酸エステルなどが配合されている。

実際に試すにあたって、どれくらいの費用がかかるか?ですが、1000円で試せます
クレイ成分入り洗顔料で毛穴のつまりを取り除き、コンディショナーでニキビの有効成分、潤い成分をニキビ原因のおおもとまで送り届けることで、ニキビケアする流れと。

分量については、14日分あるので、余裕をもって、効果体感や肌との相性を確認できますね。

詳しくはこちら

2位 草花木果

 

詳しくはこちら

どくだみ、天然温泉水などの有効成分で大人ニキビ予防効果が期待できる。

効果体感するには自分で使ってみるのが一番ですが、それにかかる費用がいくらくらいか?
10日間試せて、1296円とのこと。

ニキビケアする流れとしては、原因となりうる古い角質、皮脂などを洗顔石鹸で洗い流し、ニキビの有効成分、どくだみ成分で毛穴が詰まりにくい状態にして、保湿液で潤いを保つと。
使用感についてもしっとりタイプとさっぱりタイプが選べるのも好印象ですね。

詳しくはこちら

3位 NOV

 

詳しくはこちら

@cosme口コミランキング、トライアルキット部門1位になった。
毛穴詰まり改善や古い角質を落とすのを助ける効果も期待できるとか。
試しに使ってみるのにかかるコストは1500円です。

マイルドピーリング効果でニキビの原因たる毛穴の黒ずみ、古い角質を取り除き、保湿成分配合化粧水で潤いを与えることで、ニキビケアしていく流れですね。

7日分入っていて、オンライン限定で肌ケアのポイントが書かれた冊子などの特典もついてくるので、コスパは高いかと。

詳しくはこちら

4位 ビーグレン

 

詳しくはこちら

抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムをニキビ原因となるところへ送り届けることで、炎症抑制に効果が期待でき、クレイ成分配合のため、毛穴詰まり解消にも効果が期待できると。

で、トライアルセットの値段ですが、1800円

ケアの流れとして、クレイ成分配合洗顔料で汚れに吸着・洗い流し、化粧水で潤いを与えて、ビタミンC配合美容液で皮脂バランスを整える流れと。

365日返金保証がついており、365日24時間のカスタマサポートもあるので、試しに使ってみるという意味ではこの上ない環境ですね。

詳しくはこちら

5位 プロアクティブ

 

詳しくはこちら

サリチル酸、乾燥肌に有効な成分も配合、グリチルチリン酸ジカリウム、ビタミンC誘導体などが配合されているので、毛穴のつまり、肌の潤いを与えるのに効果が期待できると。
ニキビの原因のひとつに、つまりが関係しているので、効果期待できそうです。

で、かかる費用は4900円と。

特典ということで、専用の電動ブラシなどがついてくるみたいです。
60日間返金保証もあることから、試してみる価値高ですね。

詳しくはこちら

 

次いで洗顔方法ですが、正しい洗顔方法を調べたところ、少しイメージが違っていました。

 

1.顔をぬるま湯で洗顔
2.ニキビ用洗顔フォームやニキビ洗顔料を泡立てる
3.泡を顔につけて、優しく洗う。
ポイントは、ゴシゴシ洗わず、泡で洗うイメージ。
4.ぬるま湯、もしくは水で洗顔料を洗い流す
5.化粧水など、毛穴引き締め効果のあるものをコットンで塗布する。

 

おおよそ納得なんですが、ゴシゴシ洗うのではなく、泡で洗うイメージというところ。
キレイにすることを考えるとゴシゴシ洗いがちですが、それでは逆効果だとか。ここは注意が必要ですね。

で、ニキビですが、毛穴のつまり以外にも、日常生活に原因が潜んでいることもあります。

例えば、食生活。
脂っこいものや甘いものを取りがちな場合、それがニキビの原因になっている恐れがあります。加えて、ビタミン不足も。

そういったところを考えると、ニキビケアだけでなく、脂っこいもの、甘いものを少し控え、ビタミンB2やB6を取るのもニキビ対策の意味で有効かと。ちなみにビタミンB2、B6ですが・・・

ビタミンB2:レバー、ウナギ、青のり、わかめ、煎茶、抹茶など
ビタミンB6:マグロ、カツオ、銀杏、ピスタチオ、ニンニク

などに含まれるので、これらを食生活に取り入れると、ニキビ予防やニキビ改善に効果が期待できそうですね。

 

赤ニキビ

症状としては、毛穴つまりから炎症を引き起こしている段階、痛みを生じていることが多いと言われます。原因は、白ニキビ放置することでアクネ菌が急増したことによります。アクネ菌は肌バランス調整の役割がありますが、これが増えすぎて炎症になったと。

で、ニキビケアをする必要があるわけですが、その中でもやってはいけないことがあるので、まずはそこから。

・ニキビに触れたり、潰したりする
・1日に何度も洗顔したり、ニキビ専用洗顔料を使う
・ファンデ、コンシーラーを厚く塗る
・油分入り化粧品を使う

ニキビを無用に触ったり、潰したりするのは論外ですが、何度も洗顔するなどは一見良さそうに見えますが、これをしすぎると乾燥促進してしまったり、炎症悪化の可能性があるため、せいぜい1日に2回程度がいいとのこと。

ニキビ改善ポイントは大きく分けて4つ。

  • 薬を使う、飲み薬もしくは塗り薬
  • 正しい洗顔及び保湿
  • 生活習慣の見直し
  • 専門機関へ相談

正しい洗顔については前述しましたが、1日2回程度の洗顔+保湿ケア。洗顔後は皮膚が乾燥している状態なので、保湿ケアが必須です。
生活習慣については、徹夜、寝不足、喫煙などが三大原因なので、これらをしている場合、改善が必要かと。この上で、皮膚科など専門機関に相談するという流れがニキビ改善ポイントですね。

 

ニキビ 場所

基本ケアとしては洗顔と保湿そして毛穴の引き締めです。泡立ちのいい洗顔料で毛穴のつまりを吸着して、セラミド配合美容液などで保湿して、ビタミンC誘導体配合美容液などで引き締めると。

ただ、ニキビの原因が毛穴つまりもとい皮脂の過剰分泌であれば上記基本ケアでいいのですが、もし体の不調などからきていたら、ここを改善する必要があるかと。
ニキビができた部位により、体に不調があった場合に、その場所が大まかに特定できるみたいです。

おでこ:消化機能の低下の可能性
鼻 :肝臓、大腸、肺の不調の可能性
頬 :ホルモンバランスの乱れ、胃腸負担増加、肝機能低下の可能性
口回り:ビタミン不足やストレス、ホルモンバランスの乱れ
あご、首:婦人科系疾患、冷えなど

ここまで見ていくと、原因が多岐にわたります。特にストレスやホルモンバランスの乱れなどは目に見えるものではないのが難点ではと。
なので、炎症に至っていないニキビができてしまったら、基本ケアと合わせて、上記から体の不調を疑って、それぞれの専門機関を受診してみるという動きに出るのがベターかと。